カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ピディオキシジル

育毛業界で注目を集めている成分の一つが「ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)」です。

ピディオキシジルとは、有効成分ミノキシジルと似た分子構造を持つ育毛成分です。ミノキシジルよりも吸収率を高めることにより、より育毛効果が期待されています。

医薬品成分であるミノキシジルとは違い、ピディオキシジルには副作用などの心配がないことから化粧品(育毛スカルプエッセンス)に配合されています。

ピディオキシジルの育毛効果としては、「頭皮の血行促進」「毛母細胞の活性化」などが期待されています。

頭皮の血流が悪くなってしまうと、髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくくなるため、抜け毛や薄毛の原因に繋がります。

また、毛母細胞は、髪の毛の生成にとても重要な働きをする細胞であるため、毛母細胞を活性化させることは、育毛にとても重要です。

ピディオキシジルは育毛の効果についても高く評価されているんですよ。

ピディオキシジルに期待されている3つの効果

〃豐紐板ズ醉僂砲茲詛毛改善効果!

ピディオキシジルの成分はミノキシジルと同じように血管を拡張する働きがあります。

血管が広がることで血流がよくなり、毛髪の育ちやすい健康な頭皮に改善されていきます。

また、血行が促進されて発毛に必要な栄養が毛根にまで届くようになります。

2つの相乗効果によるメカニズムで、育毛や発毛を促し薄毛を改善していく効果が期待できます。

¬喨貂挧Δ粒菷化による発毛促進効果!

ピディオキシジルの成分が直接毛母細胞に作用するというメカニズムで、 毛母の細胞分裂を活性化する効果があります。

細胞分裂が活発に行なわれるようになると、 毛包全体が大きく成長してくるので髪が太く健康に育っていきます。

また、毛包の活性化により、毛髪の成長期を長く、休止期を短く…と ヘアサイクルを正常な状態に導くので 髪の成長を早める働きが期待できます。

成長因子による毛母細胞を復活させる効果!

ピディオキシジルの成分が毛母細胞に届いても、細胞が休止状態だと分裂も起こりません。

せっかくの有効成分もそれではもったいないですよね。

ピディオキシジルには、眠ってしまっている毛母細胞をたたき起こす働きもあります。

その働きをするのが ツバメの巣の主成分で免疫力をアップさせるシアル酸や細胞の再生や修復する働きのEGF・PPTEという成長因子と呼ばれている成分です。

成長因子の配合によって毛母細胞を復活させ、発毛成分本来の働きを促進させる効果が期待できます。

育毛や発毛には毛髪周期(ヘアサイクル)が大きく係わってきます。

成長期(髪が伸びる期間)→退行期(髪の成長が止まる期間)→休止期(髪が抜け落ちる期間)

の3つの期間の繰り返しで毛髪は生えたり抜けたりしているのです。

薄毛の改善は、まず 毛髪周期(ヘアサイクル)を正常にして休止期毛母細胞を活性化していくことから始まりますので、 効果が現れるまでには少なくても3〜6ヶ月の時間が必要になります。

このことからもピディオキシジルを使ってのセルフケアは、継続してじっくりと取り組んでいくことが大切なんですね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100013057&eid=48

ページトップへ