カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Fe  鉄

鉄分はミネラルの一種であり、血液の中に含まれる赤血球の色素ヘモグロビンを生成するために使われます。
ヘモグロビンは酸素と結びつく性質があるタンパク質の一種で、

それにより全身の細胞に酸素を届けています。

細胞は酸素をATP(アデノシン三リン酸)という物質を生み出す際に使用します。
ATPはエネルギーの通貨と呼ばれる物質で活動する際にとても重要なものです。
髪の毛も元は毛母細胞が分裂して成長していきます。他にも毛母細胞に栄養分を送り出す毛乳頭細胞などもあり酸素と髪は密接な関係にあります。

鉄分には、肉や魚などの動物性食品に多く含まれる「ヘム鉄」と植物性食品に多く含まれる「非ヘム鉄」に分類されます。
食品からの吸収率はヘム鉄の方が20〜30%、非ヘム鉄は5%程度です。

ヘム鉄の多く含まれる食材は、肉、魚、卵、レバー、あさり、しじみ、海苔等です。

鉄分は摂取したうちの10%しか体内に吸収されません。非常に吸収効率の悪い栄養素でもあります。
吸収率の悪い鉄は、ビタミンCを一緒に取ることによって吸収しやすい形に変えることができます。

また、育毛を意識されている方ですと「亜鉛」を意識して摂取していらっしゃる方もいるかと思います。

亜鉛の過剰摂取は鉄や銅の吸収を阻害する恐れがあり、鉄や銅の過剰摂取、食物繊維の取り過ぎが原因で亜鉛が欠乏する恐れがあると言う事です。

成人男性の鉄分の1日辺りの推奨摂取量は7〜7.5mgです。

微量ミネラルである鉄は、通常の生活をしていればあまり不足することはないと言われています。
体内で再利用されるように作られていて、赤血球に7割、残り3割が肝臓などに蓄えられているので、足りなくなれば、肝臓などの貯蔵分が使われるようです。
ですので、「鉄欠乏性貧血」の場合、最低でも1年〜数年の生活習慣等による鉄分の不足により起きるようです。

一方で、過剰に摂取した鉄はカラダの中で酸化する際に、老化の原因ともいわれている活性酸素を生み出します。

体内の赤血球は120日前後で分解されます。その後、鉄分も体外に排出されますが、それほど排出量は多くないようです。一定量以上は分解処理ができず、体内に溜まってしまいます。
軽度の場合は鉄分の多い食事を避けて、自然に適正量になるのを待てば改善されるようです。

しかし、長期間の過剰摂取は、血管を始め、脳・肝臓・すい臓など色々な臓器にダメージを与えます。その状態が長期間続くと、血管疾患(血管の劣化して切れやすくなる)、肝硬変や糖尿病につながるリスクも高くなりますので注意が必要となります。

       

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ