カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

Na  ナトリウム

塩分の摂り過ぎは高血圧の原因になります。また、塩気が多い食事を食べていると、血液の塩分濃度が上昇しますが、塩分濃度の高い血液は血管の老化を進めさせ、動脈硬化を促進させる働きがあります。

血管の機能が低下すれば、結果的に頭皮の血流も悪くなります。毛根へ十分な栄養がいきわたらない状態になってしまうでしょう。

そうすると、頭皮が硬くなり、抜け毛が増えてしまう原因になります。

塩を舐めると「しょっぱい!!」と感じる。

塩は知覚神経を強く刺激します。

このしょっぱい!!という刺激を、日常的に受け続けていくと「CGRP」という物質が減ってしまいます。

CGRPは育毛を助けるIGF-1という物質の材料となるもの。だから毎日「しょっぱい!!」と感じ続けると、育毛を助けるIGF-1が減ってしまう原因になります。

高血圧になるとIGF-1が減少するといわれています。塩分の摂り過ぎはもちろん、高血圧も育毛の妨げになるので気を付けましょう。

塩分が育毛に悪いっていっても、全然摂取しなかったとしたら、それはそれで危険です。

真夏に汗をかくと水分と共に塩分も失われていきます。適切に塩分を補給しないと、すぐに熱中症になってしまいます。

塩分・ナトリウム不足は昏睡状態を引き起こしたりするし、塩分自体は人間にとっては欠かすことのできない成分なんですね。

「塩分=悪」というわけではありませんが、ただたくさん摂取することが危険なんです。

これらを見ると、塩分の摂り過ぎは身体全体に悪影響を及ぼすことがわかります。ついつい食べすぎてしまうポテトチップスなどのお菓子も危険です。出来る事なら、そうった間食はやめた方が良いでしょう。

もし摂り過ぎてしまったら、意識してカリウムの入った食べ物と水をたくさん摂取しましょう。

薄毛防止のためは勿論、長生きで健康的な生活の為にも、塩分の摂り過ぎには注意するとよいです。

       

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ