成分のウソ・ホント

② パラベン意外な常識

化粧品などの全成分表示で、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン....のような記載を見ると、つい「こんなに入ってるの・・・」と思われるかもしれません。しかし、実際はこちらの方が肌に優しいソフトな処方で、消費者の事を考えた化粧品といえます。

複数を使用する事で抗菌性が増し、配合比率が少なくなるためです。つまり、メチルパラベンのみで目指す抗菌力を求めた場合よりも、メチルパラベン+エチルパラベン+ブチルパラベンというように、合わせた場合のほうが効果を発揮するので、必要量を少なく出来るのです。

ただ、残念なことに、消費者にとって有益と考えて処方されたにも関わらず、代名詞的に認知されているパラベンが配合された化粧品は売れにくくなってしまうという現実もあります。

一方、パラベンを使っていない化粧品が、防腐剤を入れていないかのようなイメージで販売されることも多いのですが、実際は耳馴染みのない防腐剤をしっかり配合していますし、仮に抗菌力の弱い成分なら、配合量を増やすことになります。

いずれにしても、出版物含め、公平性を欠いたメディアの影響等をを勘案して判断しなければいけません。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日休

ページトップへ