成分のウソ・ホント

① パラベンは悪?

パラベンを使わない化粧品は安全ですか? 

防腐剤を使わないものもありますが、変質しやすいので使用期限が極端に短くなります。
もちろん、「健康のためなら、お金に糸目をつけない」人は、無添加にこだわるのもいいかもしれません。
ただ、万が一、変質したり、菌が繁殖したものをうっかり使用すれば、肌を荒らしたり、体調を崩したりすることもあります。

防腐剤としては最も安全性が高いと言われているパラベンが、なぜ、かくも悪者扱いされるのか、詳細は不明ですが、おそらくマスメディア等に刷り込まれたイメージかもしれませんね。
パンやジュースなどの食品や医薬品、化粧品など、世の中のほとんどのものに使用されていて、使用実績の年数も長く、実際、食物に使われていることをみても、その安全性の高さを証明するものといえるでしょう。
万が一、こだわってパラベンを受け付けないとすると、何千、何万の製品を使えない、食べられないということになってしまいます。
「パラベンだけには反応してしまう」というようなアレルギーでなければ、神経質になる必要はまったくありません。
代表的な防腐剤だからこそ悪者扱いを受ける「パラベン」のおかげで、製品全体の安全性が高く保持されているのです。

コメントする

名前

URL

コメント

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 半日休

ページトップへ