カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 .僖薀戰鵑楼?

パラベンを使わない化粧品は安全ですか? 

防腐剤を使わないものもありますが、変質しやすいので使用期限が極端に短くなります。
もちろん、「健康のためなら、お金に糸目をつけない」人は、無添加にこだわるのもいいかもしれません。
ただ、万が一、変質したり、菌が繁殖したものをうっかり使用すれば、肌を荒らしたり、体調を崩したりすることもあります。

防腐剤としては最も安全性が高いと言われているパラベンが、なぜ、かくも悪者扱いされるのか、詳細は不明ですが、おそらくマスメディア等に刷り込まれたイメージかもしれませんね。
パンやジュースなどの食品や医薬品、化粧品など、世の中のほとんどのものに使用されていて、使用実績の年数も長く、実際、食物に使われていることをみても、その安全性の高さを証明するものといえるでしょう。
万が一、こだわってパラベンを受け付けないとすると、何千、何万の製品を使えない、食べられないということになってしまいます。
「パラベンだけには反応してしまう」というようなアレルギーでなければ、神経質になる必要はまったくありません。
代表的な防腐剤だからこそ悪者扱いを受ける「パラベン」のおかげで、製品全体の安全性が高く保持されているのです。

◆.僖薀戰鶲娚阿幣鐚

化粧品などの全成分表示で、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン....のような記載を見ると、つい「こんなに入ってるの・・・」と思われるかもしれません。しかし、実際はこちらの方が肌に優しいソフトな処方で、消費者の事を考えた化粧品といえます。

複数を使用する事で抗菌性が増し、配合比率が少なくなるためです。つまり、メチルパラベンのみで目指す抗菌力を求めた場合よりも、メチルパラベン+エチルパラベン+ブチルパラベンというように、合わせた場合のほうが効果を発揮するので、必要量を少なく出来るのです。

ただ、残念なことに、消費者にとって有益と考えて処方されたにも関わらず、代名詞的に認知されているパラベンが配合された化粧品は売れにくくなってしまうという現実もあります。

一方、パラベンを使っていない化粧品が、防腐剤を入れていないかのようなイメージで販売されることも多いのですが、実際は耳馴染みのない防腐剤をしっかり配合していますし、仮に抗菌力の弱い成分なら、配合量を増やすことになります。

いずれにしても、出版物含め、公平性を欠いたメディアの影響等をを勘案して判断しなければいけません。

ページトップへ