カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

File 癸院屬錣め」

髪にいいもの・・・と聞いて、昔からよく言われるのは「わかめ」です。

わかめは、ヨウ素をはじめ、カルシウムカリウム亜鉛など海洋ミネラル成分、

ビタミンCビタミンA、B群などのビタミン類や、β−カロチン、

ナイアシン、アルギン酸、フコダインなど、豊富な海洋・栄養成分を持っている

からですね。ただ、ここでご注意!「わかめ」だけをたくさん食べればいいとい

うものではありません。

シャンプーやトリートメントなど、ダイレクトな影響を及ぼす外的ケアとともに、

髪の健康、頭皮の健康の基礎として、内面的なケア、つまり、食生活全般

影響しているという認識が大事なんですね。

髪の毛は、1ヶ月で約6mm〜15mm伸びますが、その髪を作りだすための

エネルギーは、食事からの栄養に依存するわけで、髪の原材料となる

タンパク質”や”鉄分”を含む、バランスのとれた食こそが、

健康でみずみずしい頭皮、美しい髪へとつながるパワフルな細胞を作り出しま

す。

File 癸押屬砲鵑犬鵝

ニンジンは、頭皮の健康を保つために必要なビタミンAが豊富です。

ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康正常な細胞分化などに大切な栄養素で、

正常な視覚、免疫、生殖にも不可欠です。

髪の畑ともいえる頭皮の健康は、美しい髪には欠かせませんね。

バーニャカウダのニンジンスティックを増やしたり、サラダに混ぜ合わせたり、

ニンジンジュースを飲んだりと、工夫してみましょう。

File 癸魁嶌」

鮭は、質の高いタンパク源であり、ビタミンB-12鉄分が多く含まれる

オメガ3脂肪酸が豊富な食べ物です。

頭皮の健康を考える時、オメガ3脂肪酸は欠かすことができません。

頭皮の乾燥が気になったり、髪に勢いが感じられない時は、このオメガ3脂肪酸の

不足が関係しているかもしれません。

アマニオイル(成熟したアマの種子から得られる)などにも豊富に含まれているの

で、スプーン2杯ほどを目安に食事に取り入れられるといいですね。


通常、髪のハリやコシは、年齢とともに失われていきます。外的なヘアケアはとて

も大事ですが、それと同様に、健康を気遣い、頭皮に影響する栄養素を考慮に入れ

ながら、食事からの栄養を大切にしましょう。

File 4「牡蠣」

パワーの秘密は亜鉛、その亜鉛は強力な 酸化防止成分でもあります。

新陳代謝に関わりの深い亜鉛は、皮膚中にも多く存在しています。そのため、

亜鉛の不足は、肌トラブルの原因だったりするわけです。 また、強精剤として

広く知られる牡蠣ですが、精力アップだけでなく、健康な髪を育てる力もある

のです。

海のミルクといわれる牡蠣は、低 脂肪で栄養価が非常に高く、多種類の

ビタミンミネラルを豊富に含んでいます。しかも、グリコーゲンが豊富で、

スタミナ不足疲労回復にも役立ちます。その他、効果効能を数え上げたら

きりがないほど、まさに食べる栄養素といっても過言ではないでしょう。

微量栄養素」のミネラルは、体内で他の栄養素をスムーズに効率よく利用

するためには欠かせません。現代人はミネラルが不足がち、亜鉛の摂取量

そのものが不足していますし、アルコールやストレスが、体内の亜鉛を尿中に

どんどん出してしまうからです。神経やホルモン等にも影響する大切な役割を

受け持っていますから、微量栄養素を多く含む物を意識して食べるように

しましょう。亜鉛は、牡蠣を始め、全粒穀物、ナッツ、牛肉や羊肉からも摂

取できます。

File 5「鶏肉」

鶏肉に含まれるおもな栄養素は、たんぱく質脂質、また、ビタミンAの一種の

レチノールビタミンB群も豊富です。

髪は十分にタンパク質が供給されないと、髪質がもろくなり、さらには髪の色が

抜けやすくなることもあります。

鶏肉は、髪や皮膚、粘膜(ねんまく)の健康を保つレチノールビタミンB2ナイ

アシンといった、いわゆる美容ビタミンも豊富なので、肌の老化や荒れ、髪のぱさ

つきを防ぐなど、頭皮にも髪にもたいへんよい食品だといえます。

また、手羽先や骨つきもも肉などの骨の回りには、皮膚や髪、爪の形成に不可欠な

材料のコラーゲンを非常に多く含んでいます。

毛髪の健康だけでなく、身体全体の健康という点で重要な役割を負う鉄分を大量に

含んでいることも見逃せませんし、鶏肉のたんぱく質に含まれている必須アミノ酸

の一種、メチオニンは、肝臓の機能を活性化する働きもあります。

File 6「ナッツ」

ナッツに含まれるセレン亜鉛は頭皮の健康に欠かせない栄養素です。

豊かな髪のためにナッツを食べよう

コシのある髪、ツヤのある髪は理想ですね。そんな髪を手に入れるのに、カシュー

ナッツやアーモンド、ペカンナッツなど「ナッツ類」は欠かせません。

ナッツに含まれる『セレン』は頭皮を健康に保つのに必要なミネラルです。

また例えば、

クルミにはオメガ3脂肪酸のひとつである『αリノレン酸』や、髪にはとても大事な

亜鉛』が豊富に含まれています。

亜鉛が足りないと-毛髪が抜けやすく-なりますから、普段から意識的に食べるよう

にするといいですね。

File 6 「シアル酸」

『シアル酸』と育毛効果とは?

ヒトや動物の細胞・母乳・唾液などに含まれている成分で、エイジング効果があるため、昔から化粧品などに使用されてます。

近年画期的な育毛効果が発見され、注目されている育毛成分です。

“シアル酸”は頭皮のIGF-祇源困鯀加させることで、

育毛と促すとともに抜毛を防ぎます。

また育毛サイクルを正常に導き保つことで、抜けにくく丈夫な髪を生み出すのを助け頭皮・毛髪・素肌を美しくよみがえらせます。

S5シリーズに配合の「シアル酸」は昔から高級食材としても珍重されている“穴ツバメの巣”由来のものを使用していますので、安心してお使い頂けます。

コラーゲン

コラーゲン

髪が太くなる

コラーゲンは、髪のハリ、コシに大きく影響します。髪の直径が増えるので、それがハリコシにかかわってくるのだと考えられます。 なぜ、そうした効果が生まれるのか、詳しい仕組みはわかっていませんが、女性が被験者の実験で、コラーゲンペプチドを2カ月摂ると、直径が増加し、髪の質感の変化を自覚するようです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は脅威の保水力で傷んで乾燥した毛髪・頭皮に潤いを与え、滑らかな指通りのある髪にします。

プラセンタ

プラセンタ

育毛のストレス解消因子

安全なSPF豚の胎盤から抽出されたプラセンタを使用。非常に多くの育毛・美肌の有効成分が含まれている。

プラセンタは細胞の成長に欠かせない成分で、ダメージを受けた細胞を修復します。

また、保湿効果も高く、頭皮・毛髪・素肌に潤いを与えます。

ページトップへ