カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ESP 〈EGF/FGF/KGF〉

EGF/FGF/KGFは成長成分。

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)は、「表皮」(肌の表面)の細胞の活性化。

、「EGF」とは、Epidermal Growth Factor の略で、
「上皮成長因子」ということになります。

体内で形成されるタンパク質の一種で、皮膚の表面にある受容体と結びつき、
新しい細胞の生産を促進します。

年齢を重ねるにしたがってEGFの分泌量は減少し、細胞の再生が遅くなります。
それが肌の老化です。

そこでこのEGFを 肌に補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、
皮膚細胞の新生を促すことができるのです。

つまり、お肌が若い頃のようにツヤツヤになるってことですね!

しかもこのEGFは細胞内で飽和状態になった場合、
それ以上取り込まれることはないので、副作用のない安全な成分だとか。

EGFを発見したのは、アメリカの生物学者スタンレー・コーエンという博士で、
成長因子」の発見によりノーベル生理学医学賞を受賞しました。

EGFは新生細胞の成長を平均284%促進することが確認されていて、アメリカで行われた臨床試験では、EGFを60日間使用した後の細胞は、細胞量を大幅に増加させることが 実証されました。

実験では50歳以上の人々においても、新生細胞の成長が改善されていることを示しています。

50歳からでも!!

すんごいんですね。

商品などに表示される場合は、「ヒトオリゴペプチド-1」となります

FGF(FGF-1、ヒトオリゴペプチド-13)は「真皮」(肌の奥)の線維芽細胞の活性化。

FGFは、1973年アーメリンという人によって発見され、
Fibroblast growth factors の略で、「線維芽細胞増殖因子」ということになります。
これもまた皮膚の線維芽細胞を増殖させます。

また、FGFは、23種類もあって(FGF-1〜FGF-23)、色々作用に特徴があるのですが、
特に、FGF−1はスキンケアとしても効果が高いとされています。

商品などに表示される場合は、「ヒトオリゴペプチド-13」となります。

また、EGFとFGFを一緒に使って肌細胞を活性化させることで、
美肌への相乗効果があることがわかっています。

肌の「表面」と「奥」の両方からケアし、ハリと弾力、透明感のある若々しいお肌になるということで、このEGFとFGFはよく化粧品などに含まれています。

KGF(FGF-7、ヒトオリゴペプチド-5)は、角質細胞を活性化、つまり毛髪自体の成長促進。

FGFには23種類あるということですが、FGF-7というのがさらに注目されており、別名KGFとも言われています。

KGFとは、
Keratinocyte(ケラチノサイト)Growth(成長)Factor(因子)の(角質細胞増殖因子)の略です。

このKGFは、特に毛髪の成長に関係しており、KGF(FGF-7)が毛乳頭細胞から産生されることによって、毛母細胞に作用し、毛母細胞の増殖、分裂を促すことで毛髪成長をさせます。

さらに、毛根も元気にしてくれる効果があるとのこと。
「発毛促進因子」と呼ばれたりするそうです。

商品などに表示される場合は、「ヒトオリゴペプチド-5」となります。

プラセンタ

プラセンタ

育毛のストレス解消因子 ・頭皮環境を整える。

安全なSPF豚の胎盤から抽出されたプラセンタを使用。非常に多くの育毛・美肌の有効成分が含まれている。

プラセンタは細胞の成長に欠かせない成分で、ダメージを受けた細胞を修復します。

また、保湿効果も高く、頭皮・毛髪・素肌に潤いを与えます。

シアル酸

『シアル酸』と育毛効果とは?

ヒトや動物の細胞・母乳・唾液などに含まれている成分で、エイジング効果があるため、昔から化粧品などに使用されてます。

頭皮の知覚神経を毛髪の生成を促す作用もあり、頭皮の

IGF-祇源困鯀加させることで、育毛を促すとともに抜毛を

防ぎます。

また育毛サイクルを正常に導き保つことで、抜けにくく丈夫な髪を生み出すのを助け頭皮・毛髪・素肌を美しくよみがえらせます。

S5シリーズに配合の「シアル酸」は昔から高級食材としても珍重されている“穴ツバメの巣”由来のものを使用していますので、安心してお使い頂けます。

ピディオキシジル

育毛業界で注目を集めている成分の一つが「ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)」です。

ピディオキシジルとは、有効成分ミノキシジルと似た分子構造を持つ育毛成分です。ミノキシジルよりも吸収率を高めることにより、より育毛効果が期待されています。

医薬品成分であるミノキシジルとは違い、ピディオキシジルには副作用などの心配がないことから化粧品(育毛スカルプエッセンス)に配合されています。

ピディオキシジルの育毛効果としては、「頭皮の血行促進」「毛母細胞の活性化」などが期待されています。

頭皮の血流が悪くなってしまうと、髪の毛の成長に必要な栄養が運ばれにくくなるため、抜け毛や薄毛の原因に繋がります。

また、毛母細胞は、髪の毛の生成にとても重要な働きをする細胞であるため、毛母細胞を活性化させることは、育毛にとても重要です。

ピディオキシジルは育毛の効果についても高く評価されているんですよ。

ピディオキシジルに期待されている3つの効果

〃豐紐板ズ醉僂砲茲詛毛改善効果!

ピディオキシジルの成分はミノキシジルと同じように血管を拡張する働きがあります。

血管が広がることで血流がよくなり、毛髪の育ちやすい健康な頭皮に改善されていきます。

また、血行が促進されて発毛に必要な栄養が毛根にまで届くようになります。

2つの相乗効果によるメカニズムで、育毛や発毛を促し薄毛を改善していく効果が期待できます。

¬喨貂挧Δ粒菷化による発毛促進効果!

ピディオキシジルの成分が直接毛母細胞に作用するというメカニズムで、 毛母の細胞分裂を活性化する効果があります。

細胞分裂が活発に行なわれるようになると、 毛包全体が大きく成長してくるので髪が太く健康に育っていきます。

また、毛包の活性化により、毛髪の成長期を長く、休止期を短く…と ヘアサイクルを正常な状態に導くので 髪の成長を早める働きが期待できます。

成長因子による毛母細胞を復活させる効果!

ピディオキシジルの成分が毛母細胞に届いても、細胞が休止状態だと分裂も起こりません。

せっかくの有効成分もそれではもったいないですよね。

ピディオキシジルには、眠ってしまっている毛母細胞をたたき起こす働きもあります。

その働きをするのが ツバメの巣の主成分で免疫力をアップさせるシアル酸や細胞の再生や修復する働きのEGF・PPTEという成長因子と呼ばれている成分です。

成長因子の配合によって毛母細胞を復活させ、発毛成分本来の働きを促進させる効果が期待できます。

育毛や発毛には毛髪周期(ヘアサイクル)が大きく係わってきます。

成長期(髪が伸びる期間)→退行期(髪の成長が止まる期間)→休止期(髪が抜け落ちる期間)

の3つの期間の繰り返しで毛髪は生えたり抜けたりしているのです。

薄毛の改善は、まず 毛髪周期(ヘアサイクル)を正常にして休止期毛母細胞を活性化していくことから始まりますので、 効果が現れるまでには少なくても3〜6ヶ月の時間が必要になります。

このことからもピディオキシジルを使ってのセルフケアは、継続してじっくりと取り組んでいくことが大切なんですね。

ページトップへ